もてる男のもてる方法・恋愛テクニック人間関係初頭効果と親近効果

ナンパテクニックを知りたいならこちらをクリック

人間関係

心理学の世界では、複数のデータを示すとき、最初に示したデータが
最も強く影響することを初頭効果(アンチクライマックス効果)という。
逆に、最後に示したデータが最も強く影響することを親近効果(クライマックス効果)という。

相手の関心が低い場合は、最初に強力なデータを示し、相手の興味を引きつけることが重要。
一方、相手の関心が高いときは、関連データを示して証拠を固めながら、最後に強力なデータを示すほうが説得力が上がる。



これは人間の説得力の理論です。


私は心理学などこのようなことを常に勉強しています。

まぁすべて恋愛のためですけどね!笑



ルックスがいい人は、アンチクライマックス効果が適応されます。

ただし、ルックスが悪く食いつきがないという人はクライマックス効果を狙って行くべきです。



つまり、G・A・Pです。

ギャップですね!



あなた自身がどのような自分を見せているのか?

などで別れてきます。

基本的に人間は2面性を持っています。


例えば、料理を食べた時に

「おいしい!いっぱい食べたい!」と思う反面に、

「一杯食べたら太ってしまう。。。」


と思います。

上級者向けに言いますが、

恋愛は裏を読むことも必要になります。

「一緒にいて楽しい」と思わすことも大事ですが、

その反面はなんでしょうか?


人は何かを得る時に何かを犠牲にします。
* これは欲を求めたら仕方ない部分です。


「楽しい」

って思っている反面が、

「家でゆっくりもしたかった」
「眠たい」
「仕事を追いつけないと・・・」



などなど2面性の部分をカバーするのは言葉で出来ます。


「ごめんね!休みなのに、わざわざ出て来てもらって」

これはデートが完璧であればある程最後に言うべきです。



もてる男のもてる方法・恋愛テクニック

<<積極的になれないのはなぜ?【音声】もてる男のもてる方法・恋愛テクニックのトップへ結局恋愛で一番大事なのは何?>>